バスタオルって奥が深いんです

毎日お世話になるバスタオル。

有名なフェイスタオル情報の理解したいならこちらのサイトです。

なのに、意外と知らないことが多いんです。

普段よく使っている一般的なサイズのバスタオルは、50〜75cm×100〜130cmのものが多いです。


でも、最も大きなサイズのワイドバスタオルになると、なんと100cm×200cmもの大きさというまるでタオルケットのようなものもあります。
大きいものが1枚あれば、体を拭くのはもちろんのこと、寒い時に体をまるごと包んだり、ひざ掛けにしたり、敷物にしたりなど、いろいろな用途に使えて便利ですね。

タオル生地の折り方にもいくつかの種類があります。

一般的によく見られるのがループ状に糸が織り込まれている、吸水性に優れたパイル織りです。
次に、そのループ状の部分をカットして肌触りを更に滑らかにしたのが、シャーリング。

minp!の知りたかった情報がきっと見つかります。

ガーゼ生地は、優しい肌触りなので肌が敏感な赤ちゃんにもピッタリです。

また、通気性も良いので夏場にも活躍しそうです。

ワッフル生地は、サラッとした肌触りで吸水性もよく、ほつれにくい生地です。


ジャカード織りは、先染めした糸を何色も使った編み方で、凹凸が出るのが特徴。高級感もあるので、贈り物にもよく使われます。

そんなタオルですが、使用する前に一度洗うのがベターです。



製造過程で混じってしまったホコリ等を洗い流すことで、肌への負担が改善されて清潔な状態で使用できるのです。

また、よくあるのがパイル生地で糸を引っ掛けてしまって伸びている場合。こうなってしまったら、伸びてしまった糸を根本から切ってしまいましょう。それ以上はほつれることがありません。